三依雪合戦

三依杯雪合戦とは…

地域住民の温かさと豊かな自然が三依マジックの本質です。春、夏、秋とそれぞれに美しい風景が私たちを楽しませてくれますが、残念ながら、冬はスキー客が通り過ぎるだけのさびしい季節となります。

 

雪は地域の方々にとって厄介ものですが、都市部に住む私たちの目には、実に素敵な資源として映りました。「冬の三依も素晴らしいところ、たくさんの人たちに来てもらうにはどうしたらいいか」と考えたのが、雪を活用した雪合戦の開催でした。

 

会場となるのは、野岩鉄道上三依駅から徒歩5分ほどにある畑です。耕作放棄地になっていたところを購入した方がいて、雪合戦の趣旨を説明したところ、快く利用を承諾して下さいました。

 

2009年2月に初めて開催した時は、プロジェクトメンバー20名ほどが参加する内輪のイベントでしたが、いつの間にか名称が「三依杯雪合戦」となり、今では地元を走る野岩鉄道株式会社、三依地区体育協会、上三依自治会が共催して下さるまでになりました。大会当日は、住民の皆さんがすいとんを作ってふるまって下さいます。

 

さらに宇都宮市内の専門学校生や大学生がボランティアに加わるなど、昨年は総勢120名が集まる大きなイベントとなりました。2018年2月11日には10回目の開催を予定しています。冬の三依に人を呼ぼう、とヨソモノの私たちが勝手に始めた雪合戦が、恒例の行事にまでなれたのは、共感して下さった地域の皆さんや地元企業の理解とご協力のおかげです。

三依杯雪合戦のルール

雪合戦といっても、人にぶつけるものではありません。お隣福島県の北会津で開催されている「スノーバトルin北会津」が元祖で、相手チームの的に雪玉を投げて5枚の的を早く倒したチームが勝ちというルールです。的や雪玉製造機、ヘルメット、グローブといった機材用具一式は、北会津公民館さんのご厚意で無償でお借りしています。

>> Youtube - 90秒でわかる三依杯雪合戦

「スノーバトルin北会津」の様子
「スノーバトルin北会津」の様子
雪合戦子どもの部
雪合戦子どもの部